長崎街道

鹿島へ
~歴史ある街並みと受け継がれてきた伝統~

 佐賀県鹿島市には、長崎街道の小田宿から分かれ、鹿島・浜・多良から湯江・諫早に抜ける多良海道が通っていました。その当時、鹿島には「肥前浜宿」があり、有明海の港町として発達しました。
 長崎街道の本街道は、武雄経由で長崎に入りますが、大村藩領内の通過区間が長いため、佐賀藩主鍋島氏はこの多良海道を利用したといわれています。そのため、「肥前浜宿」は重要な宿場町であり、また長崎有事の際には、兵站基地の任も担っていたそうです。
八宿・中町の町並み
▲八宿・中町の町並み

 「肥前浜宿」は、経済力と豊かな地下水、おいしいお米によって酒造りが盛んとなり、現在も酒蔵が立ち並ぶ「醸造町」や、有明海の河港に茅葺と瓦葺が混在する職人町として栄えた「港町・在郷町」です。多くの白壁土蔵や茅葺民家などの歴史的な建物が残る貴重な歴史遺産として、平成18年4月に国(文化庁)の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されました。他に例のない町並みとして国に評価された、独特の風情を体感できる鹿島を歩いてみましょう。

祐徳稲荷神社
▲祐徳稲荷神社

 鹿島市といえば京都の伏見、茨城の笠間と並ぶ、日本三大稲荷の一つである「祐徳稲荷神社」があります。建物の総漆塗りの極彩色は壮観で鎮西日光とも称されているこちらは耕作の神、漁業神、商工業者の守護神として信仰が厚く、年間280万人の参詣者があるそうです。

のごみ人形
▲のごみ人形

 祐徳稲荷神社で発売が始まり、魔除け、開運の人形として好評を博した郷土玩具があります。終戦時の混乱と飢えの中で、荒みがちな世相に潤いと楽しさを求めて作られた「のごみ人形」です。素朴で懐かしい味わいの土鈴で、単純化された形と色合いに柔らかなぬくもりを感じます。干支を主としたさまざまな小動物の「のごみ人形」は、年賀切手に採用され全国的にも有名です。現在ではのごみ人形工房のほか、肥前鹿島駅の観光物産センターや祐徳門前商店街などで購入できます。鹿島を訪れた際のお土産に最適かもしれません。

 歴史的な街並みが残るほかにも、受け継がれてきた伝統芸能や伝統工芸があるので紹介しておきましょう。

鹿島錦の印鑑ケースなど
▲鹿島錦の印鑑ケースなど

 明治43年、日英大博覧会において「貴婦人の製作品」として出品され、“日本手芸の極致”として賞賛を浴びた「鹿島錦」。一般的には糸だけを使用しますが、経糸には金箔や銀、漆を貼って細かく裁断した和紙を、緯糸には染色した絹糸を使っています
 その起源は江戸時代、病に伏した鹿島鍋島家9代藩主夫人が、天井の網代組みを見て思いついたと伝えられています。当時は和紙を細かく切った紙縒りや木綿糸を組んで織っていましたが、歴代の藩主婦人により工夫改良され、和紙と絹を組み合わせるという雅な技法が確立されました。
 日英大博覧会では、大隈重信公のはからいで知名度に考慮して「佐賀錦」の名で出品された「鹿島錦」。熟練した織り手でも一日に数センチほどしか織り上げられないそうです。購入は、祐徳博物館や肥前鹿島駅、鹿島市観光物産センターで可能です。綿密で美しく、気品あふれる作品に触れてみてはいかがでしょうか?

面浮立
▲面浮立

  鹿島市は民俗芸能の宝庫で、市内だけでも58地区のべ80もの民俗芸能があるそうです。佐賀県内で見ても鹿島市は最も多く、そのほとんどが『浮立(ふりゅう)』です。浮立にもたくさんの種類があり、「面浮立」、「鉦浮立」、「一声浮立」、「獅子浮立」など様々です。
 特に「面浮立」は佐賀県を代表する民俗芸能となっています。鹿島地方では豊作を祈り、感謝し、あるときは雨乞いなど自然との関わりあいの中で、それぞれの村で芸能を神に捧げてきました。鉦(カネ)を打ち、太鼓を叩き、鬼の顔をしたお面をつけて踊る「面浮立」。市内には面を作る面師がいて、伝統を守りながら今も、昔ながらのノミを振るっているそうです。

 もしかしたら、多良海道を歩く旅人たちも秋祭りで神社に奉納される「面浮立」に遭遇し、旅の祈願をしていたのかもしれませんね。

 次は本街道に戻り、小田宿へ参ります。

長崎街道を歩こう!

【鹿島・肥前浜宿】
○江戸時代の国名/肥前国
○現在地/佐賀県鹿島市
○アクセス/
  電車…JR長崎本線肥前浜駅から徒歩約5分
  車…長崎自動車道嬉野ICから車で20分
○まつり/桜まつり(3月下旬~4月上旬)、花と酒まつり(3月下旬)、つつじまつり(4月下旬~5月上旬)、春の祐徳植木市(4月下旬~5月上旬)、ガタリンピック(5月下旬~6月上旬)、沖ノ島まいり(7月下旬)、鹿島納涼花火大会(7/14)、鹿島おどり(8/7~8)、伝承芸能フェスティバル(秋)、かしま鍋島竹あかり(11月中旬)、お火たき(12/8)、ふな市(1/19)、鹿島祐徳ロードレース(2月下旬)

【祐徳稲荷神社】
○所在/佐賀県杵島郡白石町
○アクセス/
  電車…JR長崎本線肥前鹿島駅から車で約10分
  車…長崎自動車道嬉野ICから20分

【参考文献】
鹿島市HP (http://www.city.kashima.saga.jp/
あそぼーさがHP (http://www.asobo-saga.jp/
国土交通省 九州地方整備局佐賀国道事務所HP (http://www.qsr.mlit.go.jp/
『長崎街道-肥前長崎路と浜道・多良海道 3』 発行/図書出版のぶ工房
佐賀県危機管理・広報課発行 季刊佐賀Zanza2007冬号
佐賀県危機管理・広報課発行 季刊佐賀Zanza2005冬号
文榮出版社外戸本 No250 2009年3月号

【写真&資料】
写真&資料提供
鹿島市役所企画課 情報統計係

このページのトップに戻る