ホーム > 商品のご案内 > レンズ - 機能性サポートレンズ

商品のご案内-レンズ

機能性サポートレンズ

次世代レンズリマーク

パソコン、スマートフォン、携帯メール、ドライブ、読書。遠くはすっきり、かけ続けていても気持ちがいい。
現代人の忙しい目の動きに機能性サポートレンズ「リマーク」が快適です。

疲れやすい現代人の目をサポートするレンズ
「スマホ老眼」対策にオススメ!!

遠くを見るとき:遠くがハッキリ調整した領域 近くを見るとき:目に優しいサポート領域

先進設計
左と右それぞれに専用のレンズ

全方位の目の動きを考慮した設計。
だから、すみずみまできれいに見えます。

レンズの中心部から視線が左右に移動した場合でも、
つねに快適な視界が得られます。
 

横の物を見る場合、レンズの赤マーク周辺を使っています。
横の物を見る場合、レンズの赤マーク周辺を使っています。
斜め上の物を見る場合、レンズの青マーク周辺を使っています。
斜め上の物を見る場合、レンズの青マーク周辺を使っています。
横の物を見る場合、レンズの赤マーク周辺を使っています。
正面下の物を見る場合、レンズの緑マーク周辺を使っています。

暮らしの中ではレンズのさまざまな部分を使って物を見ています。リマークは、両眼視を考慮した光学設計でつくられています。

目の調節機能をサポート

遠くから近くまで「見る」運動をサポート。
いつでも快適な視界が得られます。

レンズの下方向に、「近く」をサポートする度数のゾーンを設けることで、遠くから手元まで視線が移動しても自然な見え方を実現しています。

遠くを見る場合、レンズの上部分を使います。
遠くを見る場合、
レンズの上部分を使います。
近くを見る場合、レンズの下部分を使います。
近くを見る場合、
レンズの下部分を使います。
「近くを見る」ことは、調節を必要とする目の運動です。調節とは、遠くから近く物へピント合わせを行うこと。
「近くを見る」ことは、調節を必要とする目の運動です。調節とは、遠くから近く物へピント合わせを行うこと。
そのとき、毛様体筋という調節筋肉の働きをサポートするレンズです。

このページのトップに戻る