長崎街道

小田宿へ
~多良海道との分岐点・たくさんの文化財の残る小田宿~

 長崎街道・小田宿は佐賀県の「へそ」、県の中心部に位置する現在の杵島郡江北町にありました。東から長崎に向かう街道は、かつてこの宿を経て北の塚崎道と南に行く塩田道に分かれていました。さらに、前回紹介しました肥前浜宿を通る多良海道もこの宿を分岐点としています。江北町は現在でも、JRは肥前山口駅を起点に、長崎方面と佐世保方面に分かれる分岐点の町として、また、近隣都市や福岡までも特急列車で50分圏内と、通勤・通学の利便性の高い町として知られています。
 「江北町は東西に走る長崎街道を境に、北部はゆるやかな山間山麓地帯で、南部はゆるやかな平坦地でそのほとんどが農地です。小田宿を通ったドイツ人医師ケンペルは『江戸参府旅行日記』の中で「小田村の右手には、他の場所より見事な田圃があった」と記しています。交通の要衝として栄え、今も当時の面影を残す小田宿を歩いてみましょう。
白木パノラマ公園からの江北町の眺め
▲白木パノラマ公園からの江北町の眺め
馬頭観音像
▲馬頭観音像

 小田宿の中心部にある馬頭観音は、奈良時代に小田を訪れた行基が大楠に彫ったと伝説が残っています。そばに観音堂も建てられ、1826年にはシーボルトも立ち寄り、画家のフレネーチェに馬頭観音像の細密な写実画を描いてもらっています。しかし、この馬頭観音像は、1851年の観音堂の家事で類焼、大楠は根の部分のみを残しました。1998年に地元の人たちの尽力で再建され、現在では町指定の天然記念物になりました。今も人々の参拝が絶えず、道中の無事を祈願する場所となっています。

カンカン石
▲カンカン石

 国道34号線には「天下の名石・カンカン石」という珍石があります。この石は旅日記だけでなく、詩歌にも読まれるほど有名で、小石で打つと「カン、カーン」と乾いた、ちょうど鉦を打つような、珍しい音がするそうです。ここは仏教遺跡にもなっており、1601年の年銘の碑や六地蔵尊、一千仏や念仏百万遍と刻まれた石像も、周りに多数残っています。ぜひ、石を片手に、音を楽しんでみてはいかがでしょうか?

孔子像
▲孔子像

 江北町にはほかにも、国内に残る数少ない中国製孔子像として有名な白木孔子像があります。多久聖廟を建立した多久4代領主・伊豆守茂文公の意向により、1686年頃に中国より弟子の顔子・曽子・子思子・孟子の像とともに取り寄せられたものと記録されています。
孔子、顔子、曽子、子恩子、孟子のうち、孔子像をのぞく、四体が盗難等にあったため、1700年、銅製の五体を改鋳し、明治21年の白木聖廟舎建立の折、難を逃れた孔子像のみここに遷座されたそうです。今では学問の神様として信仰されています。国内に現存するただひとつの中国孔子像として歴史的価値が高く、毎年4/21には子どもの無事の成長と向学心の助長を祈願し、祭典が行われています。

岩見屋の池園
▲岩見屋の池園

 また、鹿島藩主が定宿にしていた旅籠屋〈岩見屋〉には池園が残っています。江戸初期に作られたもとのいわれ、県下十六池園の中で最も古いものです。池園構造や浮かぶ小島の組石の方法など、池を中心に配置した鶴亀式の庭園が特徴で、〈岩見屋〉の建物は壊されていますが、今でも江戸時代の面影を残す場所として、親しまれています。

 長崎街道の開通とともに、交通至便の要地として人馬の往来は多くなり、宿場町として飛躍的な繁栄をみせた小田宿。今回紹介した、史跡や文化財は当時の人々がこの時代を生き、守り続けてきた証でもあります。これらの場所を訪れたら、その頃の人々の息吹を少しでも感じたいものです。

 次は鳴瀬宿、塩田宿、北方宿へ参ります。

長崎街道を歩こう!

【小田宿】
○江戸時代の国名/肥前国
○現在地/佐賀県杵島郡江北町大字上小田
○アクセス/
  電車…JR長崎本線肥前山口駅から徒歩約20分、車で約10分
  車…長崎自動車道嬉野ICから車で20分、武雄ICから車で30分
○まつり/白木聖廟孔子祭り (4月)、長崎街道小田宿まつり(4月)、沖の島まいり(7月)、ビッキーふれあいまつり(8月)、供日(10月)、祖子分面浮立(10月)

【白木パノラマ公園】
○所在/佐賀県杵島郡江北町大字山口白木
○アクセス/
  電車…JR長崎本線肥前山口駅から車で約10分
  車…長崎自動車道多久ICから車で25分、武雄ICから車で30分

【馬頭観音像】
○所在/佐賀県杵島郡江北町大字上小田観音下
○アクセス/
  電車…JR長崎本線肥前山口駅から車で5分
  車…長崎自動車道多久ICから車で25分、武雄ICから車で30分

【カンカン石】
○所在/佐賀県杵島郡江北町大字惣領分上惣
○アクセス/
  電車…JR長崎本線肥前山口駅から徒歩で約10分
  車…長崎自動車道多久ICから車で25分、武雄ICから車で30分

【岩見屋の池園】
○所在/佐賀県杵島郡江北町大字上小田観音下
○アクセス/
  電車…JR長崎本線肥前山口駅から徒歩で約10分
  車…長崎自動車道多久ICから車で25分、武雄ICから車で30分

【参考文献】
江北町HP (http://www.town.kouhoku.saga.jp/
あそぼーさがHP (http://www.asobo-saga.jp/
こうほくネイブルWEB HP (http://navel.town.kouhoku.saga.jp/
国土交通省 九州地方整備局佐賀国道事務所HP (http://www.qsr.mlit.go.jp/
『長崎街道を行く』 著/松尾卓次 発行/葦書房
『長崎街道-肥前佐賀路2』 発行/図書出版のぶ工房

【写真&資料】
写真提供
江北町役場 総務企画課
佐賀のへそふれあい交流センターネイブル

このページのトップに戻る